お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

長周期地震動の揺れ低減 新宿三井ビルに振り子式の制震装置

 三井不動産は、「新宿三井ビルディング」(東京都新宿区、地上55階地下3階建て)に、長周期地震動の揺れを低減させる制震装置を設置する。長周期地震動は地震で発生するゆっくりとした長い揺れで、超高層ビルが影響を受けやすい。今回採用する装置「チューンド・マス・ダンパー」は、屋上に設置した約1800トンの振り子式の錘が、建物の振動エネルギーを吸収して揺れを抑える仕組み。従来、超高層ビルの風揺れ対策として使われてきた技術を応用した。

 施工は鹿島建設。8月中旬に着工し、2015年4月末に竣工する予定だ。工事費は50億円という。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
管理業務主任者試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています