登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

高層新築でシェア賃貸、駒沢で73室稼働開始へ リビタ

 東京都世田谷区駒沢で新築された地上15建ての新築複合ビルで、73室からなるシェア型賃貸住宅(シェアプレイス駒沢)が3月1日、稼働を開始する。事業主は、駒沢エリアで賃貸業などを展開するサナイコーポレーション(東京都世田谷区)。シェア型賃貸をこれまで10棟以上、手掛けるリビタ(東京都渋谷区)が企画・監修を務め、管理運営を行う。

 同ビルは、1、2階に店舗が、14、15階に地権者の住宅が入る。2階の一部から13階部分がシェアプレイス駒沢となる。

 シェアプレイス駒沢の最大の特徴は、5つの共用空間だ。2階に設置したスペースのほか、2~3層(13~20人)ごとを1つのグループとして、原則グループごとに利用する40~45平方メートルの調理設備が整ったラウンジを、3、6、9、12階と4カ所に配置した。例えば、部屋毎に割り振られたシェア本棚を備えて「知的な時間を共有する」などそれぞれ異なったテーマで空間をデザインしている。

 各居室は、7~11平方メートル。賃料は月額7万~8万5000円。そのほか、共益費が月額1万5000円など。2月9日から案内を始め、24日までに38件が申し込み。申込者の平均年齢は30歳程度。20代後半から30代前半の社会人が中心で、40歳代もいるという。

 なお、リビタは2006年3月からシェア型賃貸住宅事業をスタート。シェアプレイス駒沢を含め、これまでに12棟736室を運営する。新築でのシェアプレイス事業は今回が初めて。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています