お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

戸建て、賃貸共に住宅受注が堅調、住団連・景況調査

 住宅生産団体連合会は11月5日、戸建注文住宅と低層賃貸住宅の受注状況を指数で表す2012年度・第3回住宅業況調査報告(7~9月)を発表した。それによると戸建注文住宅は、4~6月実績対比の受注並びに10~12月見通しの受注が、棟数ベース、受注金額ベース共にプラス指数となり、堅調に推移していることが分かった。
 住宅会社が開く見学会、イベントへの来場者数や全体の引き合い件数が増加基調にあるほか、すべての地域で増加が顕著だった消費者の購買意欲も上昇傾向にあるという。
 7~9月の前期比の受注実績指数は、総受注棟数がプラス32ポイント、総受注金額がプラス13ポイントで3期連続のプラス。10~12月の同比受注見通し指数は、総受注棟数がプラス16ポイント、総受注金額がプラス14ポイントだった。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています