JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

日産の電気自動車を災害時の補助電源に、住友不動産のビルで

 住友不動産と日産自動車このほど、電気自動車「日産リーフ」の駆動用バッテリーを活用した電力供給システムを、「LEAF to Community」として住友不動産のオフィスビル向けに共同企画した。2011年12月にグランドオープンした大規模複合開発「住友不動産新宿グランドタワー」に、3月から本格導入する予定だ。
 日産リーフの駆動用バッテリーを、災害時の補助電源として使用する。多目的ホールの仮設照明、携帯電話の充電器、災害用設備(井戸ポンプ、浄水器)への利用を想定しており、日産リーフ1台で、イベントホールへ約42時間、災害用設備へ約8時間の電力を供給できるという。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています