不動産テックEXPO

分譲マンション賃料 首都圏は埼玉県除き下落 近畿圏は横ばい推移 東京カンテイ

 東京カンテイ(東京都品川区)がこのほどまとめた3大都市圏における8月の分譲マンション賃料(1平方メートル換算)によると、首都圏(2581円、前月比0.7%下落)と中部圏(1472円、同1.1%下落)が下落基調であることが分かった。近畿圏(1725円、同0.1%下落)は唯一横ばいで推移している。

 都府県別に見ると、首都圏では埼玉県(1652円、同0.8%上昇)のみが値上がりした。東京都(2951円、同0.4%下落)や神奈川県(2020円、同0.4%下落)では価格調整期を迎えていたことに加え、震災後は特に湾岸部での賃貸需要が縮小。一方で埼玉県は一部で液状化現象が発生したものの、内陸部に位置するため震災リスクが相対的に小さいとの判断が働いているようだ。

 近畿圏では大阪府(1790円、同0.1%上昇)と兵庫県(1689円、同0.1%上昇)が小幅に値上がりし、圏域全体の安定推移に寄与した。

 これとは対照的に、中部圏では愛知県(1503円、同1.1%下落)が直近の最低値(2010年11月の1510円)を下回っている。

http://www.kantei.ne.jp/

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
賃貸不動産経営管理士解答速報2021
不動産コンサルティング技能試験解答2021
不動産日記2022
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています