登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

UR賃貸でDIY、模様替えに伴う原状回復義務を緩和

 都市再生機構(UR)は9月6日、UR賃貸住宅での模様替えに伴う原状回復義務を緩和した住宅を「DIY住宅」として試行的に商品化すると発表した。2011年11月27日まで行っている秋の部屋探しキャンペーンで、入居者を募集する。ニュータウン小山田桜台、千葉ニュータウン内野など7つの団地でそれぞれ5戸程度に導入する。今回の試行実施でDIY住宅のニーズを検証。この結果を踏まえ、今後の拡充を検討していく。

 DIY住宅は、居住者自身が部屋の模様替えを行い、愛着をもってUR賃貸に住めるよう企画したもの。UR賃貸は模様替えの内容に応じて、退去時の原状回復を求めているが、DIY住宅ではその義務を緩和する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています