インターネット特集

連載 特集 インターネット特集

この記事を読むのに必要な時間:約9分

基本はインターネット

2010年もインターネットの世界は騒々しい。まず昨年あたりから話題になっているのが「ツイート=つぶやく」ネットツール「ツイッター」。いわゆるブログの簡易版だ。文字数が140文字と制限されていたり、写真スペースが限定されていたり、カレンダー機能がなかったりと、やれることは少ないが、逆にそれ が気軽さを生んで、ビジネスツールとしても使われる例も増えている。

 中小企業などの場合は、いわゆる社長ブログやスタッフブログ代わりに使われることが多いが、商品について紹介する商品ブログの代わりや、キャンペーンサ イト代わりに使う例も多い。また外回りの営業担当者が日報代わりに使ったり、1つのテーマについてのバーチャル会議など社内の情報共有や業務効率化ツール としても使われている。

 不動産業界の場合、多いのが物件紹介。家賃や間取り、平米数や築年数などのほか、簡単な特徴などを並べた後、写真や平面図など詳しい情報が載っている ホームページ(HP)のアドレスを掲載するケース。閲覧者が気になったら、その場でアドレスをクリックすれば、HPの物件案内ページに飛べるのだ。

 ツイッターはパソコンのほか、携帯電話でも投稿閲覧が可能。むしろ特性を考えると携帯電話向けだ。刻々と更新される情報に対して、場所や時間に制限されず返事を書いたり(ツイートする)、リンク先に飛んで情報確認ができるからだ。
 そう、ツイッターは自社のHPへの新たな動線なのだ。

「ツイッターを見ている人は、基本的にツイッターしか見ない。なので、このエリアにこういう物件があるのね、と思った人はその詳細が分かるホームページに 飛ぶ。物件情報に直接飛べることがポイント」と解説するのは、中小企業のウエブ企画制作管理を行うホームページリニューアルセンターの代表取締役の飯野貴 行氏。

» ツイッター、ブログ、SNS、メルマガなどでHPへの動線を引く

「インターネット特集」の記事一覧 ≫

最新の連載・特集

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています