住まい・暮らし・文化

どう取り組むか 需要膨らむ高齢者住宅 (上) 中小不動産業、参入始まる 「戻れない覚悟」必要

 高齢者住宅は不動産業界の成長分野となるか――。資金やブランド力のある大手でも、サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)などへの本格参入は一部にとどまる。市場拡大が見込める分野と分かっていても、従来事業の延長線上で何ができるのか。未知のリスクにどう向き合うべきか、不透明な要素が多い。そうした中、仲介や管理が主体の中小業界でも、独自の関わり方を見出し、利益を生む事業に育てる動きが出てきた。それら企業に共通しているのは、真剣な努力と社会に貢献したいという強い意識、そして参入した以上は「戻れない」という覚悟があることだ。   (井川弘子)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»