総合

古民家宿の物語 日本全国リノベーション 23 高知県大豊町「みちつじ」(中) 宿でかつての山の暮らしを感じる

 オーナーの安達さんは、当初から大豊町で宿を生業にしようと考えていた。吉野川でのリバーラフティングが盛んな夏場は、宿が少なくて困っているという話を聞き、ニーズが見込めたからだ。しかし古民家宿を借りた当時は廃屋そのもので、人が住める状況ではなかった。   ライター/インバウンドコンサルタント 此松武彦

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»