【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

ファビー 中小企業向けに メタバース構築サービスを提供開始

この記事を読むのに必要な時間:約1分

メタバースの構築イメージ

 Fabeee(ファビー、東京都千代田区)は、企業各社が独自のメタバース(仮想空間)をビジネスの場面で利用できるパッケージサービス『Fabeee Metaverse Package』(以下・FMP)を開発した。メタバースの開発を同社がワンストップで代行する。

 FMPは企業規模の大小に関わらず活用できる。特に中小企業からの反響が大きく、販売体制強化を図るため、中小企業のDX推進を支援するSalesX(東京都港区)とパートナーシップ契約を4月に締結。中小企業によるFMPの活用を促進する。

 一般的にメタバースの開発は、多額の費用や長い期間、高度な技術が必要となる。同社サービスではこれらの課題を解消。導入企業が顧客への訴求や、従業員とのコミュニケーションなどに活用できるようにした(構築イメージ)。

 主な機能では、音声チャット機能や、VR(仮想現実)デバイスを装着した利用者の腕と手の動きを仮想空間内に反映し、アバター(分身)を操作して自由に移動できる。ホワイトボードやディスプレイに資料や写真を投影もできる。建物自体や空間内に配置する家具などを、数万点の中から自由に選べ、オリジナルの建物や家具も作成対応する。VRデバイスがなくても、パソコンやスマートフォンでアクセスし、最大20人までが同時に接続できるようにしている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています