【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

レイ 3DVR作成代行 施設案内などに

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 レイ(東京都港区)は、展示会場やショールームなどのリアルな空間を「3D(3次元)スキャンVR(仮想現実)空間」に変換し、企業各社のウェブサイト上に〝回遊型デジタル空間〟として実装ができるサービス『Real+』(リアルタス)を開発した。

 リアルな空間を特殊なカメラで撮影し、「3DスキャンVR空間」として精細に再現する。展示会場やショールーム、店舗などの現実空間をVRで再現する。アニメーションCG(コンピューターグラフィックス)や3次元のモノを設置でき、人物映像を合成すれば空間内を案内できる。

 特徴は、仮想空間内の「演出」や「機能」で、視聴者に〝体験〟を提供できる点。通常は使用や開催できない施設でもバーチャルイベントならば展開でき、EC(通信販売)サイトと連携して実際の買い物体験を提供できる。静止物のCGに加え、現実のリアルな空間にはないような、例えば、空間内に魚を自由に泳がせたい、といったデジタルならではの空間演出ができる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています