積木製作など 大阪の実在のビル再現 メタバース空間で交流

この記事を読むのに必要な時間:約1分

実世界の空間では実現できないような、街中で人が集まり会議などもできる。

 3次元データと情報をつなぐXRソリューションを提供する積木製作(東京都墨田区)は、大阪ガス都市開発(大阪市中央区)、3次元計測のクモノスコーポレーション(大阪市箕面市)と共同し、実在の建築物を仮想空間に再現できる「メタバース化」によって、現実の世界と同様に人が集い、交流を生む場所として、登録文化財『大阪瓦斯ビルディング』を仮想空間内に構築した。

 今回、大阪瓦斯ビルディングの形状を示す点群データをベースとして、高品質な3DCG(3次元コンピューターグラフィックス)を制作した。同ビルと、周辺の御堂筋一帯をメタバース空間として再現している。

 複数の人がアバター(分身)で登場できる。会話できるボイス・チャットにも対応しており、臨場感を持たせた。普段、直接的な場面では会えない遠隔からも接続できる。精密に再現した御堂筋の街並みに複数の人が立ち、街の中央で会議を開くなど、実世界では実現できない場面も創出して体験できる(イメージ図)。

 今後は街全体の「バーチャル御堂筋」を構築し、同時体験人数の大規模化や、複数のVR(仮想現実)ヘッドセットを使うマルチデバイス化、コミュニケーション機能の拡充などを図る。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています