FANTAStechnology 本人確認を簡便に 不動産クラウドファンディング

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 FANTAStechnology(東京都渋谷区)と、ユニメディア(東京都千代田区)は、不動産クラウドファンディングシステムでブロックチェーン(分散型台帳技術)を活用した「本人確認」(KYC)手続きや情報共有できる『KYCコンソーシアム』の設立に向けて、3月2日に共同研究に着手した。

 不動産特定共同事業法のクラウドファンディングが普及するが、投資家が複数の投資先を選ぶと、サービスごとに本人確認を受ける手間があった。個人情報を集約して管理できる両社が開発するブロックチェーンのプラットフォームを利用すれば、手続きの簡素化を図れるようになる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています