【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

GAテクノロジーズ・交換できるくん 見積もりオンライン化 賃貸管理業務を効率化

この記事を読むのに必要な時間:約2分

従前は、現地調査や訪問が必要だった。 両社の連携サービスでは、ネットで見積もりができる。

 GAtechnologies(東京都港区)のグループ会社であるRENOSY ASSET MANAGEMENT(以下・RAM、同住所)は、賃貸管理領域のDXを一層推進するため、交換できるくん(東京都渋谷区)と業務提携した。交換できるくんのネット完結モデルを導入することで、入居者対応でのオンライン化やスピード化を可能にする。

 RAMが管理する賃貸物件の修繕や設備のトラブル相談に対し、交換できるくんの専門スタッフがオンラインで直接対応するワンストップサービスを提供する。写真やメールでやり取りする、交換できるくんのビジネスモデルを導入して、現地調査を行わなくても、オンラインで見積書を発行する(イメージ図)。

ビデオ通話で

 手続きの流れは、入居者が専用電話に連絡する。交換できるくんがオンラインで聞き取り調査し、両社のシステムに登録する。入居者にSMS(ショート・メッセージ・サービス)で案内を送付してビデオ通話を行う。入居者と両社スタッフ、物件オーナーが参加して現場を確認する。交換できるくんが見積書を作成し、物件オーナーが費用を確認して施工に着手する。

 見積もりのための事前の訪問などが必要なくなり、入居者の手間や待ち時間を大幅に削減することができる。そのため、特にエアコンや給湯器の故障など緊急性の高い季節商材や、入居者が日中の仕事の外出で対応が難しい場面で効果を発揮し、利便性の向上に期待できる。

 両社では今後、賃貸管理領域のプラットフォームの構築を構想している。今回のオンライン見積もりが第一歩となり、問い合わせの情報を即時に共有するシステムの連携も進める。将来的には、物件オーナーと入居者を包括したプラットフォームとしていく。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています