登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

PR TIMES 業務状況を一覧表示 不動産管理会社など導入進む

この記事を読むのに必要な時間:約2分

業務ごとのカードを「かんばん方式」で一覧表示して全体像を俯瞰(ふかん)できる。
 プレスリリース配信サービスを提供するPR TIMES(東京都港区)は、同社で提供するタスク・プロジェクト管理ツール『Jooto』(ジョートー)の提供先の企業数を伸ばしている。業務や物件ごとの手続き状況の情報をカード内に集約させて一覧表示する〝かんばん方式〟や、これにリンクして棒グラフ状で日程を示す〝ガントチャート形式〟を採用。視覚的に分かりやすく、シンプル機能で進捗管理ができると評価され、不動産管理会社などで導入が進んでいる。

 幅広い業種・業態に対応して、住宅・不動産管理関連では、三菱地所ホーム(東京都中央区)や川木建設(埼玉県川越市)など、宿泊業やIT企業なども導入。有料登録で1600社を超え、無料を含めて約30万ユーザーが業務管理の改善で活用している。

 特徴は一覧表示で全体像を俯瞰(ふかん)できる点にある。業務や担当者、物件別の「カード」をドラッグ&ドロップで付せんのように貼ったり外したりして〝かんばん〟のように縦列や横列に並べることで、全体状況を把握できる(写真)。優先度に応じて色分けができるそのカードを開くと、各種の情報が集約されている。その中では、テキスト文面で会話してコメントを添えられる。業務の経緯の振り返りも容易になる。

 同時に進行する複数のプロジェクトでもカードを横断的に見ることで、それぞれの進行状況が分かる。迅速な対応でタイムマネジメントを実現する。閲覧の制限や招待者を設定し、絞り込み機能で担当者や期間、物件ごとに抽出できる。リアルタイムに情報が更新され、自動でデータを保管して整理の手間がない。それぞれのカードは、従来のホワイトボードのように〝ガントチャート形式〟の棒グラフの日程表示にリンクして、スケジュールを把握しやすい。

 4人までは無料プランで、編集作業を無期限に使える。閲覧だけならば、人数に制限がない。DX化ツールの導入には、「すぐに全員が使えるように、抵抗感のない機能がカギになる」(同社Jooto事業部営業チームマネージャーの星野恭平氏)。直感的な操作性がそれを実現し、運用が定着するようサポート体制を充実させている。

 同社同部事業部長の山田真輔氏は、「今までの運用の延長線上のそのままにデジタル化に移行しやすい。情報共有や引継ぎが容易で、在宅勤務やオフィスでも、場所や時間を選ばない」と話している。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています