ネオキャリア 電子契約導入ポイント セミナー 

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 電子契約サービス『Signing』(サイニング)などを提供するネオキャリア(東京都新宿区)は、「電子契約」の今後を考えるセミナーを7月26日に報道機関向けに開催し、ウェブで配信した。

 銀座得重法律事務所(東京都中央区)の得重貴史氏は、電子契約・電子署名の基本性能として、「郵送コストや手間をなくす。紛失や改ざんのリスクを防ぎ、管理を容易にする」とメリットを説明。また、「特に定めがない限り、法的に有効に契約が成立する。さまざま場面で活用ができる」と有用性を述べた。

 電子契約・電子署名で本人性を確認する電子認証局を運営するサイバートラスト(東京都港区)の田上利博氏は、「5月に成立したデジタル改革関連法を受けて、〝脱ハンコ〟や紙のデジタル化が急速に普及する。電子契約・電子署名の導入を検討する企業が増えている」と説明した。

 ネオキャリアの松葉治朗氏は、企業が電子契約サービスを選ぶ注意点として、「書面の〝ひな形〟がサービス内で用意されていること。締結日時などの取引情報、書類や担当部署ごとに分類できるのかが管理を容易にする。公開範囲の制限や社内承認の各機能はミスを防ぐ」。一方、エンドユーザー側の利便性に配慮し、「利用時の登録の要不要、本人確認の有無や、情報の入力でも、打ち込み式でなく、選択式のほうが使い勝手が良い」と説明。これらの要望を叶えるとして、同社が提供しているサービスを紹介した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています