じげん 追客電話を自動化 新サービス開発

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 賃貸住宅情報サービスサイト『賃貸スモッカ』などを運営する、じげん(東京都港区)は、不動産業特化型の新たなサービスとして、不動産の売買業務で特に有用な、自動電話接続SaaS『Lead Cloud』(リードクラウド)を開発した。導入企業は追客に際しての電話を自動化し、業務を効率化できる。

 これまでは、追客業務で一般的に使われている営業メールでの返信率や電話での接続率が低い。人手不足を背景に過去の反響などに対する潜在顧客の掘り起こしも難しい。こうした課題感を持つ不動産仲介会社は多かった。

 今回の新サービスにより、特に売買領域の課題の解消に焦点を当て非効率な電話業務を自動化してもらおうと、7月28日に提供を開始した。

 システム内に顧客リストを取り込み、顧客と接続できた場合にだけ、電話がつながる仕組み。従来の1件ごとに電話を掛けていた手間がない。会話は録音され、自動で商談内容を書面化する。パソコンの同じシステム上で電話の発信から顧客管理まで、追客に必要な業務を完結できる。

 なお同社は、『賃貸スモッカ』のメディアプラットフォームに加え、18年からは不動産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)化支援サービスを始めている。7月19日には、不動産会社の顧客管理や業務管理を容易にするサービス『スモッカCRM』の提供も開始した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています