快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

セミナー ネットレックス クラウドで物品管理 

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 資産やモノの容易で適切な管理を支援するクラウドサービス『Convi・BASE』(コンビベース)を提供するネットレックス(東京都中央区)は、物品管理の効率化を考えるセミナーを5月14日に開催し、ウェブで配信した。

 企業は、リモートワークでの物品管理で、どこから効率化に着手すればよいのかが分からないと悩ませる。特に、管理台帳と現物情報の連携が課題感にある。実際に同社のアンケート調査で、20年5月に総務担当者200人に聞くと、半数が情報の差異を課題点に上げた。半数は「表計算ソフト」で管理し、管理数が増えるにつれて膨大な情報となり、適切な管理に限界がある。統合基幹業務システム「ERP」の管理では、モノだけに特化しておらず、操作などが手間。資金に関わる「会計ソフト」では、いつ誰が、何を借りているのかが分からず、管理情報が不足する。

 そこで同社は、クラウドサービスによる「物品管理システム」の導入による現場管理台帳の整備を提案した。物品ごとの管理用バーコードや貼り付たタグ付きラベルを読み取るだけで管理が容易になる。管理業務の情報共有と効率化により、一元管理を可能にする。定期的な棚卸しの手間を軽減すると説明した。

 物品管理システムの導入のポイントは、「クラウド上で処理できる。データ情報の入出力が容易なこと。作業工数を圧縮させて時間を短縮できる。誰が作業を行っても、同じ結果を得て、属人性を排する」と説明。同社提供のサービスでは、「写真付きで確認しやすく、データファイルを添付できる。絞り込み機能が検索を容易にし、権限設定もできる」と特長を紹介した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています