総合

賃貸住宅研究のPJ始動 住宅改良開発公社 可能性探り、事業参画も視野に

 賃貸住宅事業の融資保証や経営相談などを行う住宅改良開発公社(生亀孝志理事長)は12月2日、「あしたの賃貸プロジェクト」の第1回シンポジウムをYouTubeでライブ配信した。同公社は12月1日で設立65周年を迎えた。基本に立ち返るという姿勢のもと、賃貸住宅における社会的な役割や可能性、自分らしい暮らしの実現を調査・研究するために同プロジェクトを立ち上げた。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»