快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

都市OSとは何か(上) 「スーパーシティ」実現の情報基盤、官民連携で整備始まる 東京・竹芝や豊洲でスマート化

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 「都市OS」とは何か。日本においてはスマートシティ実現に向けた課題の中から生まれた考え方だ。都市には、災害情報や交通情報、警備情報、エネルギーコントロールなど多くの情報が飛び交っているが、その情報の管理は交通機関や自治体、警備会社などバラバラで、相互に利用することはできない。都市OSは、それらの情報を相互につなげ、データも縦横に流れ、新しい情報を簡単に追加できるようにする情報基盤を指す。政府は、スマートシティの先にある「スーパーシティ」の軸に都市OSを置いて、地域住民などに様々なサービスを提供することをもくろんでいる。具体的な取り組みも少しずつだが、始まっている。(桑島良紀)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
住まいと暮らしの税金の本 2021年度版は予約受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています