お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

導入率57.8%に上昇 テレワーク東京都調査 働き方改革や危機管理で効果

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 東京都は9月14日、テレワークの導入に関する実態調査を実施し、結果を公表した。調査時期は6月30日(基準日)、対象は都内の企業(従業員30人以上)。調査数は1万社(無作為抽出)、回答数は2034社(回収率20.3%)。

 テレワークの導入率は57.8%に上った。19年度の調査結果では、導入率は25.1%であり、20年度は2.3倍に大きく上昇したことになる。大企業に加え、中堅・小規模企業でも導入が進んだ。また、今後の導入予定は16.4%になる。

 導入して効果の高かったこと(複数回答)では、「従業員の通勤時間、勤務中の移動時間の削減」(38.6%)、「非常時の事業継続に備えて(新型コロナウイルス、地震等)」(35.0%)、「その他通勤に支障がある従業員への対応」(20.9%)、「育児中の従業員への対応」(20.7%)といった回答が上位を占め、働き方改革や危機管理で効果が認められている。

 継続・拡大意向では、導入企業(回答数=1178社)の40.6%が「継続・拡大したい」と回答。「継続したいが、拡大は考えていない」という回答も39.8%を占めている。

 定着・拡大のために必要なこと(複数回答)では、「ペーパーレス、はんこレスなどの決裁の社内手続きの簡素化」(81.6%)、「コミュニケーションツールの導入・充実(TV会議システム、チャットツールなど)」(66.3%)に加えて、「自宅以外の場所でテレワークができる環境(サテライトオフィスなど)」という回答も51.9%となっている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています