お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

私募ファンド設立検討 物流施設開発を強化 大和ハウス

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 大和ハウス工業は8月28日、国内の物流施設を投資対象とする私募コアファンド「大和ハウスロジスティクスコアファンド」の設立を検討していることを発表した。設立は20年内を想定しており、同ファンドは投資家から払い戻しの請求に対応するオープンエンド型になる。

 資産はすべて物流施設で構成し、70%以上を三大都市圏の施設とする。物件は同社グループが開発する次世代型物流施設・環境配慮型物流施設が対象。大和ハウスプロパティマネジメント(東京都千代田区)による管理・運営などで収益の維持・拡大を図り、資産規模は3000億円(中期目標)を目指す。投資助言会社は大和ハウス・アセットマネジメント(東京都千代田区)が担う。

 物流を取り巻く市場環境は新型コロナウイルスの影響により、電子商取引関連の物流量が増加し、サプライチェーンの再構築も進んでいる。そうした情勢を受け、同社は事業施設系の不動産開発投資計画を3000億円増加させている。今回のファンド設立検討は、物流施設開発の資金調達環境の強化が目的になる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています