登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

住宅・不動産関連団体 21年度税制改正要望 消費増税負担軽減策を 新型コロナ影響 評価替えの固定資産税も

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 お盆明けの今ごろは例年であれば、政権与党である自由民主党を中心に、21年度の予算概算要求と税制改正要望に向けた会議が行われているはずだ。しかし、今年は、7月21日に行われた閣議で、麻生太郎財務大臣が新型コロナウイルス感染症への対応が喫緊だとして、概算要求期限を1カ月遅らせ9月30日とすると共に、税制改正要望についても同日までの提出にすると発表した。異例ずくめの今年だが、住宅・不動産関連団体では、国土交通省に21年度の税制改正要望を提出している。コロナ禍の中、どのような要望を行っているのか。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本予約受付中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています