政策

土地基本法改正後初の土地白書 需要喚起と管理が柱 新たな土地利用に注目

 政府は6月16日、20年版土地白書を閣議決定した。今回は、約30年前に制定された土地基本法が3月に改正され、一部を除き6月15日に施行されてから、初の土地白書となる。同改正法の趣旨を踏まえ、毎年設定する〝テーマ章〟は「人口減少社会における土地の利用と管理をめぐる動向」としている。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»