お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

住宅・不動産、防災対策にIoT活用広がる 避難先混雑状況や安否確認を即時に、住宅被害推定も

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 住宅・不動産企業が防災情報システムの構築に注力している。阪神・淡路大震災を契機として官民による都市防災の取り組みが続いているが、今年は帰宅困難者に受け入れ先の混雑状況をリアルタイムで伝達、社員の位置や安否情報の把握、戸建て住宅の被害状況推定と復旧に、それぞれIoTを活用。安全確保や早期復旧を果たすために、災害時の混乱でも正しく情報を把握する体制構築を急ぐ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています