お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

好業績続く 通期上方修正も 不透明感増す海外情勢に懸念 ワンルーム おおむね好調 主要不動産会社の20年3月期中間決算

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 主要不動産企業の20年3月期第2四半期決算は、新築マンションで季節要因はあるものの引き続き好業績が目立つ。東京都心部を中心とした堅調なオフィス需要や新築分譲マンションの好調な販売という傾向は継続した。また、物流施設やインバウンド需要を反映したホテルなどのカテゴリーも堅調。通期予想を上方修正する企業もあり、不動産市場の底堅さを示す結果となった。当面のオフィス需要の底堅さを根拠に今後も業績が大きく崩れる心配はないとする一方、米中貿易摩擦や香港デモなど国外経済不安が国内経済に波及する懸念を表明する企業もある。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています