お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

最適活用へ「不動産業ビジョン2030」まとまる 注視すべきは時代と地域のニーズ 令和の不動産業を読み解く

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 19年5月1日、新たな天皇の即位と共に新元号「令和」の時代が幕を開けた。AIやIoTに代表される先端技術の著しい進化から、避けがたい少子高齢化・人口減少の問題まで、業界の内外を取り巻く課題もまた多岐にわたる。こうした時代に不動産に関わる事業者はどのような心構えを持つべきか。4月24日に国土交通省が策定した「不動産業ビジョン2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」を紐解きながら、その道筋を考えていきたい。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

マンション管理士試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています