総合

日本建築センター ストック対応を推進  耐用年数評価業務を開始

 日本建築センター(=BCJ、橋本公博理事長)は、新年度から既存建築物の審査・評価の総合窓口の部署名を「既存建築物技術審査部」(4月1日付)に改め、既存建築物に関わる総合サービスを積極展開していく。橋本理事長は(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»