政策

OECD 土地利用は社会目標促進の鍵 地域政策と高齢化社会への知見示す

 4月17日、国際機関OECD(経済協力開発機構・今週のことば)が全国都市会館(東京都千代田区)でワークショップ「地域に根差した政策と高齢化社会」を開いた。OECDの〝起業・中小企業・地域と都市センター局〟を中心に、国内外の有識者が調査・研究で得た知見や実際の事例などを披露した。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»