お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

大手不動産と自治体の包括協定 一部の企業で支援につながる動きも 具体化・事業化には課題

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 大手不動産企業が、地方自治体とまちづくりの分野で包括的な協定を結んでいる。特定の事業で不動産企業と自治体が連携するケースは多いが、包括的な協定は一部の企業にとどまる。このような協定は、具体的な取り組みや事業に直結させるのは難しく、手探りの部分があるのは否めない。ただ、従来から事業と関係が深い地域に貢献するという面に加え、地域の土地活用の相談を受けるなど、将来的に地域ポテンシャルを引き出す支援につながる動きも見られる。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

管理業務主任者試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています