総合

居酒屋の詩 (43) 水仙の香り差し込む春の夜の 酒はしづかに飲むべかりけれ

 春に咲く花は春雨のように柔らかい。その柔らかな春の香りにつつまれて一人静かに飲む酒のなんとふくよかなことか。だから、バカ騒ぎをする客がめったに来ない居酒屋には希少価値がある。  東京メトロ八丁堀駅(続く)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»