お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

地域が変わるインバウンド 交流人口増加がもたらす恩恵 (82) ラグビーワールドカップがやって来る(2) 地域ぐるみで民泊推進する釜石市

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 日本国内でラグビータウンといえば、やはり釜石市だろう。ワールドカップの開催場所になっている。岩手県の三陸地方というへき地ながら、世界中からラグビーファンを受け入れようと、新しいスタジアムと市が率先して民泊に力を入れている。その現状を紹介する。  ライター/インバウンドコンサルタント 此松武彦

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

連載「地域が変わるインバウンド 交流人口増加がもたらす恩恵」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています