お知らせ
不動産コンサルティング技能試験

オフィスエリアでソフト防災対策重要に、官民連携しシステム構築へ

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 情報面からオフィスエリアの防災性を高める動きが進んでいる。三菱地所や国土交通省などの官民が連携し、大手町・丸の内・有楽町(大丸有)エリアで災害情報提供システムの実証実験を行った。また、森ビルは六本木ヒルズにおいて、港区や警察などと連携した「震災時情報配信システム」の整備を進めている。リアルタイムの確かな情報伝達が課題だった東日本大震災以降、災害時のソフト面の重要性が認識されるようになった。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています