お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

ビル・住宅の両輪が伸長 主要不動産会社中間決算 大手の好調続く、最高益更新も

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 主要不動産会社の19年3月期中間決算が出そろった。東京都心部における堅調な賃貸オフィスビル市況と価格が高止まりした新築マンションの販売好調など前期からの流れは変わらず、主要大手がビル賃貸、マンション分譲を順調に伸ばし好業績を持続した。特に都心部に強みを持つ企業の収益拡大が顕著。三井不動産、三菱地所、住友不動産の主要3社が揃って大幅な増収増益を確保し、通期でそれぞれ過去最高収益を更新する勢いだ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています