お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

IT重説、問われる〝意識改革〟 顧客満足、「働き方」で成果も

この記事を読むのに必要な時間:約6分

 賃貸取引におけるIT重説(テレビ会議等のITを活用して行う重要事項説明)の本格運用がスタートして1年。流通現場での導入・運用の現在地はどこか。「遠隔地の顧客の移動負担などの軽減」「重説実施日時の幅が広がる」といった導入メリットに加え、見えてきた課題は何か。「非対面」の重説が可能となっても、問われるのはサービスを提供する人の対応力だ。消費者、業界双方にとって有意義なツールとして運用するための意識の改革が出発点となる。(佐々木淳)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています