お知らせ
不動産相談員研修(宅建士合格者)

おとり広告違反取り締り 掲載停止が抑止力に

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 不動産流通市場のデジタル化と歩調を合わせるように、長年その数を増してきた賃貸住宅のおとり広告に減少の兆しが見え始めた。不動産公正競争規約の違反者に17年1月から講じられることになった、ポータルサイトの広告掲載一斉停止の効果が表れてきたためだ。大都市圏の各地区公取協も同措置の導入で足並みをそろえつつあり、大手ポータルサイト各社も追加対策に力を注いでいる。とはいえ、おとり広告の根本的な発生原因が取り除かれたとは言えず、課題は依然として残る。新たな局面に入ったおとり広告をめぐる動きをまとめた。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています