マンション・開発・経営

経常益が二桁増に 東急不HD3月決算

 東急不動産ホールディングスの3月期連結決算は、ビル売却が減り減収となったものの分譲マンション、仲介、ホテルなどが好調で二桁台の経常増益となった。売上高は8085億円(前期比0.9%減)で、営業利益が732億円(同6(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»