政策

国交省 社整審建築基準制度部会 構造計算適判緩和へ 大規模木造対象に第二次報告案で

 国土交通省・社会資本整備審議会建築部会の第10回建築基準制度部会が12月18日開かれ、第二次報告案がまとまった。  それによると、今後の建築基準制度について、(1)木造建築関連基準等のあり方、(2)構造計算適合(続く)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»