コスモスイニシア、東京・錦糸町にインバウンド復活意識したホテル

客室内に浮世絵をちりばめた「浮世絵ルーム」

コスモスイニシア、コスモスホテルマネジメントは6月23日、「MIMARU 東京 錦糸町」(東京都墨田区)を開業した。「MIMARU 東京 錦糸町」は東京観光を楽しみやすい立地かTOKYO 楽しいがコンセプト。「MIMARU 三十六景」は、「食」「伝統・歴史」「生活」「文化」「アート&デザイン」「四季」6つのテーマで東京の観光地や日本の文化を紹介する。現代の街をバックに浮世絵と撮影できるAR(拡張現実)体験や、江戸時代に浮絵を販売した「絵草子屋(えぞうしや)」に見立てた「浮世絵ルーム」も登場する。

同ホテルは、JR中央・総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅徒歩4分の立地。総客室82室、ランドリールーム、1階にコンビニが入居する。「MIMARU」は、キッチン、リビング・ダイニングを備えた約40平方メートルからの広い客室で、多人数での滞在やインバウンドニーズに対応するアパートメントホテル。外国人観光客受け入れ再開となる6月に3施設を開業し、東京・京都・大阪エリアに全22施設を展開する。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています