【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

春の引っ越し受注、19年比130%に

アート引越センターは2月21日、22年春の引っ越し調査レポートをまとめた。個人は順調に推移し、今年は転勤需要も回復すると予測する。3月、4月の引っ越し受注件数は、19年を100とした場合、コロナ下の20年は約108%、21年は約124%で、22年は約130%まで伸長する見込み。個人の引っ越しはコロナ下でライフスタイルの変化にあわせて住居も変えていくという考え方が浸透し、需要が高まった。一方、コロナ下で企業が転勤を自粛するケースが散見され、転勤による引っ越しは微減傾向だったが、昨年から徐々に回復し、例年の数に戻りつつあるという。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています