地所、渋谷駅周辺エリアで初の大規模再開発

三菱地所は、渋谷駅周辺エリアで初の大規模再開発事業に着手した。同社が事業協力者として推進してきた「道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業」が1月19日に市街地再開発組合設立について東京都の認可を受け、1月28日に再開発組合の設立総会が開催され、同社が同再開発事業に参画した。「渋谷マークシティ」に隣接し、京王井の頭線「渋谷」駅直結となるオフィス・商業・ホテルの大規模複合再開発。22年度に権利変換、解体工事着手、23年度に新築工事着手、26年度の竣工を予定している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています