AIが融資承認確率を上げる方法を提案 モゲチェックに搭載 MFS

左が情報入力画面、右はアドバイス付き住宅ローンランキング画面(イメージ)

 オンライン住宅ローン比較サービス「モゲチェック」を運営するMFSは10月13日から、住宅ローン業界初(同社調べ)となるAIを活用した融資承認確率(住宅ローン審査に通る確率)を上げるためのアドバイス機能の提供を開始した。利用者の入力情報をAIが分析して信用力を算出。個人の信用力向上に有効な方法を表示する。
 一例を挙げよう。約10項目の必要情報を入力すると、「金利順」「保障充実順」など希望に合わせた住宅ローンランキングが表示される。そこに現時点での「各金融機関の住宅ローン審査に通る確率」と「通る確率をあげるためのアドバイス」も提示され、「預貯金などの資産増加」「雇用形態の変更」「住宅ローン以外の借り入れ返済」などが示される。
 一般に金利の低い住宅ローンを提供している金融機関ほど審査基準が厳しくなる傾向があり、より良い条件の住宅ローンを借りるには自身の信用力を高めることが求められる。同社ではこの機能により、より良い条件の住宅ローンの選択が可能になるとしている。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています