オーナー向け新サービス、余剰電力を予測し給湯機器を自動制御 ミサワホーム

 ミサワホームは10月4日から、オーナー向けのIoTライフサービス「リンクゲイツ」に「自家消費制御サービス」と「生活サポートサービス」を追加した。
 「リンクゲイツ」は住宅設備機器をIoTで一元管理するもの。「自家消費制御サービス」は過去の消費電力量と太陽光発電量、気象予測情報などを踏まえ、AIが余剰電力量を予測し、給湯機器を自動制御する。これにより、再生可能エネルギーの自家消費率を約1割高めるという。
 「生活サポートサービス」はIFTTT社が提供するプラットフォームを通じて、「リンクゲイツ」の各サービスをスマートスピーカーやスマートフォンなどと連携させる。
 利用料は「自家消費制御サービス」が無料。「生活サポートサービス」は利用開始から半年間は無料、7カ月目以降、月額500円(税込み)。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
解答速報号申込2021
宅建解答解説2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
宅建解答速報2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています