電子契約システムで家賃保証会社と連携に向けて協議を開始 イタンジ

 不動産テック企業のイタンジ(東京都港区)は、同社で提供する電子契約システム「電子契約くん」で、家賃債務保証会社14社との連携に向けて協議と検討を開始した。すでに54社の家賃債務保証会社と連携済みで入居審査をオンラインで迅速にできるウェブ申込受付システム「申込受付くん」と同様に、不動産業界のDX化に向けた支援を強化する。

 今回の連携によって、賃貸管理会社は賃貸住宅の入居契約時に、家賃債務保証契約書に必要事項を記入して「電子契約くん」にアップロードするだけで、入居者や物件オーナー、家賃債務保証会社と共有して電子署名を得ることができる。最短で当日中の契約が可能になるため、従来のような書類に押印して郵送する方法の手間を解消する。

 今回の連携協議先の家賃債務保証会社14社は次の通り。

 ▽アーク▽あんしん保証▽イントラスト▽エルズサポート▽オリコフォレントインシュア▽Casa▽クレディセゾン▽クレデンス▽グローバルトラストネットワークス▽ジェイリース▽新日本信用保証▽全保連▽ニッポンインシュア▽日本セーフティー

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています