不動産テックEXPO

大和ハウス工業、複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」着工

「大阪・大手前一丁目プロジェクト」外観.

 大和ハウス工業と日本経済新聞社は、大阪市中央区の日経新聞旧大阪本社跡地において、複合施設「大阪・大手前一丁目プロジェクト」(大阪市中央区大手前一丁目)を8月1日に着工した。竣工は23年12月を予定。同施設には、日経グループのテレビ大阪本社(1~4階)とヒルトンが運営する「ダブルツリーbyヒルトン大阪城」(6~20階、総客室377室、24年春開業予定)が入居する。

 同施設では、周辺環境との調和、エリアの回遊性向上や防災面にも配慮。外観デザインは「和模様」をコンセプトとし、隣接する大阪城の白壁や石垣、日本古来の市松模様など日本的な要素を取り入れた。また、大阪城公園へと続くテラス空間を設け、敷地の東西には多目的広場を整備し一般に開放する。災害時には、デジタルサイネージによる情報発信を行うと共に、一階のエントランスを一時避難スペースとして開放するなど、防災面での地域配慮も実施する。

 同施設の敷地面積は4372.56平方メートル、建物の建築面積が2760.16平方メートル、延床面積が3万8809.55平方メートルとなっている。同施設の建設地は「大手前地区 地区計画」が定められており、情報発信、業務、宿泊等の多様な機能導入により、都市魅力の充実と大阪城公園の玄関口としての観光拠点機能の強化を図り、天満橋駅と大阪城公園を結ぶ歩行者空間を創出し、快適で魅力ある複合拠点の形成を目標としている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています