野村不 中国・上海で現地法人設立し現地体制を強化

 野村不動産は、中華人民共和国上海市において、現地法人「野村房地産諮詢(上海)有限公司」(NRES)を設立した。同社は、上海市および江蘇省、浙江省、安徽省を含む長江河口の三角州を中心とした「長江デルタ」と呼ばれる地域における、新たな事業機会の獲得・事業推進を強化する観点から、同エリアの中心である上海市への機能集約を決定。NRESの設立に伴い、現地法人「野村不動産諮詢(北京)有限公司」は閉鎖する。今後は、一層強化した現地体制を基盤とし、成長著しい中国での事業拡大を図る。

 同社グループは中長期経営計画の中で海外事業を成長分野の一つと位置付け、28 年3月期までに海外事業において約3000億円の投資を計画。加えて、同期間までに海外事業による利益比率を全体の15~20%まで拡大させる方針を掲げている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています