SDGsの観点から高知県に「企業版ふるさと納税」 プロパティA

 投資用マンションの開発や販売、管理を手掛けるプロパティエージェント(東京都新宿区、中西聖社長)は4月1日、高知県に“企業版ふるさと納税”(「ふるさと高知 応援企業」)として寄付を行ったと発表した。
 同社は「持続可能な地域の未来を実現する活動として、SDGsに基づく地方創成という観点から実施したもの」と趣旨を説明。寄付は2月に実施し、同県の「まち・ひと・しごと創成総合戦略」におけるIT・コンテンツ産業人材の育成・確保事業に利用される。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています