住宅新報アプリ スマホやタブレットで読む不動産の最新ニュースアプリ

愛知県の新体育館整備事業者に 前田建設工業・NTTドコモグループ

事業計画地の位置図

 愛知県は、PFI手法による「新体育館整備・運営等事業」の事業者公募で選定委員会の選定を経て、対象事業者として、前田建設工業(設計・建設期間)とNTTドコモ(維持管理・運営期間)を代表企業とする「Aichi Smart Arena グループ」を2021年2月17日に決めた。落札額は199億9910万円。名古屋城の城跡に広がる名城公園の自然と一体感を創出する世界最先端の「スマートアリーナ」を2025年夏に誕生させる。

 計画地は、名古屋市北区名城1丁目地内の名城公園北園の一部約4・6ヘクタール。最先端維持管理システムを導入し、ICTを活用した最先端のスマートアリーナとする。建物規模はRC一部S造5階建て延べ約5万8400平方メートル。最大収容人数は1万7000人で、メインアリーナ、サブアリーナ、多目的ホールで構成する。

 今回の事業ではBTコンセッション方式を採用し、事業者自らが設計・建設した後、愛知県へ所有権を移転。公共施設運営権を設定して事業者が運営する。2021年6月に事業契約を締結し、設計に着手する。2025年3月末に施設整備を完了し、愛知県へ引き渡す。運営期間は30年間。同グループの構成員は、前田建設工業、NTTドコモ、Anschutz Sports Holdings(AEG)、三井住友ファイナンス&リース、東急、中部日本放送、日本政策投資銀行、クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています