JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験

三井ホームと静岡ガスG、太陽光発電システムを実質負担ゼロに

 三井ホームと静岡ガスおよび静岡ガスグループ各社は、静岡県内で三井ホームの新築戸建て住宅を注文し、太陽光発電システムと家庭用燃料電池「エネファーム」を同時に設置するユーザーを対象に、太陽光発電システムを実質負担ゼロ円にするサービス「未来発電G with SHIZGAS ソラーレ」の提供をこのほど開始した。
 新サービスでは4キロワット以上10キロワット未満の太陽光発電設備を無償で提供し、発電設備の設置工事費は、相当額をエネファーム設備費用から減額する。これによりユーザーの太陽光発電システム導入コストは実質負担がなくなるという(屋根勾配等の設置条件により実質負担額がゼロにならない場合がある)。
 発電した電気は家庭で自由に使え、使用せずに余った電気は電力会社に売電し、10年間は静岡ガスにその収入を譲渡するという契約。10年間の契約期間終了後は、売電収入もユーザーが得ることになる。
 ユーザーは、太陽光発電とエネファームのダブル発電により、購入電力量を減らし光熱費を削減できる。また停電時には太陽光発電とエネファームそれぞれを非常用電源として使える。ZEH認定により補助金制度の対象になる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています