お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

都心オフィス賃料は上昇継続も新型コロナに懸念 三幸エステート調べ

 三幸エステートが3月12日に発表した調査レポート「オフィスマーケット2020年3月号」によると、2月における東京都心の大規模ビルの募集賃料は上昇傾向が続き、空室率はほぼ横ばいとなった。
 東京都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷)の平均募集賃料(坪単価、共益費込み)は、前月比305円上昇の3万2038円で7カ月連続の上昇。平均空室率は同0.02ポイント上昇の0.50%で、わずかに上がったものの引き続き過去最低水準で小幅な動きが続いている。
 同社は今後のマーケットの見込みについて、「新型コロナウイルスによる景気への影響が広がるに従い、オフィス需要への波及を懸念する声が高まりつつある。景気や雇用の下振れが進めば、オフィス需要への影響も小さくない」としている。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています